さて・・・

現場の立会いもさっき行い


終わったぁ~


あとは書類が回るだけ~


県知事さん早く印鑑押してくださいね~!(^^)!





庭に咲いた紫陽花
240529②
もうすぐ梅雨だね~

梅雨クロって面白いんだろうかね~

庭の芝生も勢力強めてきてるよ~
240529①

ただ・・・ミミズに芝が汚されてるよ~

ミミズっていい奴かもしれないけど

毎回、雨が降った次の日は

芝生が汚れるんだよね~

どうやったら退治できるかね~

魚釣りのエサにしてやりたいよ~

移動

平成24年5月8日(火)
大潮  満潮 23:44(2.04m) → 干潮 5:16(0.65m)※唐津 
start:23:00 end:04:00



風なし
波なし
満月(大潮)
満潮時刻は深夜

なかなかいい条件だと思ったが

一番重要な条件は







“ポイント選び”






今の時期、居着き型のアオリは考えにくい

狙うは回遊型となる


次の日仕事だっが、条件が整っているので出かけてみた。

ただ間違ったのは・・・“ポイント選び”だった。



最初に向かったのは「屋形石」

道からヘッドランプのライトが数個確認できる。

満潮までこの屋形石でと思ってたが

人が多いので移動



次に向かったのは「七ツ釜」

ここは誰もいない
(居るのは幽霊だけだった)

到着が22時30分だったので

満潮までの1時間投げてみる




釣れる気配なし


23時30分の満潮を迎え移動

屋形石に再度戻って、釣れてるのか聞いてみたが

まわりも釣れてないっって返事


どうするか悩んだ結果

次の「湊」に向かった

ここで潮止りから下げの時間を狙ってみる

4人のエギンガーが並んでシャクルも皆アタリもない


2時過ぎ、波戸には私ひとりとなり

回遊待ちで粘るがダメ

そのうち潮が流れないようになったので納竿




でも

自宅に帰る途中、どうしてもアオリが釣りたかったので

また、海に向かうことにした



次に向かったのは鷹島

時間は3時を回っていた

波戸に上がってみるとビックリ

結構な墨の跡がある


期待が持てる

(最初っからコッチ方面に来ればよかった)


潮の流れがキツイが、第1投目でアタリ確認!!

鬼のような形相でアワセを入れて

久しぶりに乗った!!












































240510 (1)

頼むからその金アジを汚さないでくれ(泣)

(お帰りくださいませ)


それから、アタリもなく時間だけが過ぎていく。

今日もダメなのかと思い始めた3時30分



再度アタリが来た!!

鬼のようなアワセでしっかり乗った!!

さっきとは違う引き


(そんな大きくない?)

(アオリなのか?)

波戸に抜き上げたのは
240510 (2)
ケンサキ

とりあえず釣果は上がったけど

本命のアオリが釣れない


時間は4時、ここでタイムアップ

帰り道思ったことは

ポイント選びの重要性

特に、回遊待ちとなれば

アオリ団体様の通り道を探さなくてはならない事


「屋形石」や「湊」なんか行かずに

最初から「加部島」や「鷹島」で粘れば結果は

違ったかもしれない。

自宅に戻り1時間の仮眠をとって仕事へ向かった。

GWの過ごし方

今年のGW


家族で焼き肉パーティー
240507 (2)






息子のおにぎり
240507 (4)
“ごましお”やり過ぎ!!







今年も焼き鳥パーティー
240507 (5)
串刺し作業大変



240507 (6)
メニュー
・鳥モモ(皮付き)
・鳥皮
・ネック
・砂ズリ
・豚バラ
・ヤングコーン巻き
・アスパラ巻き
・にんにくの芽巻き



実家の七山にて
240507 (7)



100本程刺したが多すぎた
240507 (8)
ビールうまし!!







初めての自転車(補助輪付き)
240507 (9)
※爺様ありがとうございます。







一番下
240507 (1)
口癖が「あーも!!」




































おまけ
240507 (3)

上杉謙信と息子

4月29日
なんか知らんけど曳山が出てるって事で
家族でお出かけ


「お疲れ~」

「よっ!」

「お久しぶり!!」


友達いっぱい会う。






とりあえず息子は記念撮影
240501 (2)
10番山の上杉謙信?

今年から曳き子デビューか?





もう一人(近所の友達の長男坊)
240501 (1)
6番山の鳳凰丸?

なんか鶏(わにとり)の目線が怖い。

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター