久しぶりに出ました必殺技(笑)

2013釣行第47回目
[エギング]
平成25年10月31日(木)
【中潮】 干潮 00:58 (0.76) → 満潮 07:14 (1.78) ※唐津
start/3:00 end/6:00


波戸や漁港などにエギングに出かけて最初にチェックするのは墨跡
今の時期、潮通りがいい常夜灯の下は真っ黒です。



前回のエギングは・・・「ホ」

しかもホームで(^_^;)




この事がなかなか納得できない。



・時期が悪い?
→いや、今の時期釣れんならこの先釣れんバイ。

・タイミングが悪い?
→いやいや、時化後だったけん悪くはないやろ。

・天気が悪い?
→いっちょん、ベタ凪無風。

・潮は?
→小潮ばってん小潮は悪くなかろうもん・・・。

・潮汐は?
→深夜に干潮・・・ばってんおったら釣れるやろ?!

・腕は?
→三流ですけど・・・それがなにか?(汗)






こんな事を色々考えるけど
やっぱり“何も釣れなかった”ってのは悔しくてしょうがない。
(豆が1杯釣れたけど釣った感じはしなかったので)

なので「やられたらやり返す。」






「倍返しだ!!」
って事で

今度のエギングはwataのお家芸の・・・













“必殺2時起き”(爆)


なんで“2時起き”か言うと
いつものように22時くらいから出発しても干潮前後しかできない。
干潮時刻が深夜の1時くらい・・・
イメージかもしれないけど潮位が低いと釣れ気がしない(笑)
これが一番の理由。

2時に起きて3時くらいから仕事前の6時くらいまでの3時間
ちょうど干潮から満潮までの時間帯を狙って出撃したんです。


いやー久しぶりに必殺技をだしちゃいました(爆)



家族が一緒に寝ている中で2時にドラえもんの目覚まし音(笑)
妻に起こされて布団の中でゴロゴロ
そして2時30分にホームへ向かって出発


現地には3時に到着したけどもちろん貸切です。

風が斜め前からウネリと共にやってくるのでちょっと怖い
あっちこっち投げずにまずは墨跡を探してみると・・・


あった・・・。


前回は見落としてましたが新しい墨跡が沢山ありました。
まったく盲点な場所
あとで考えたんですが、「なるほどね~」って感じでした。

でも結果としてはそのポイントでは1杯のみ
暗い中で「藻」をアオリと勘違いして
テンション上げたりしてたんですけどね~(爆)


しかしこのポイント以外で
20131031 (3)
“エギ王Qlive”ストライプカラーの金テープにピンク3.5号

2杯目ゲットです。



そして東の空がうっすら明るくなってきて
帰りの時間が迫ってきたラスト1投目











待ってました!(^^)!
20131031 (1)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5号 ※モニター中  自宅計量で450g




モニター餌木で釣れたって事も嬉しかったんですが
ここずーと豆アオリにしか出会ってなかったんでこのサイズに満足(笑)

エギング情報サイト【烏賊速報】

そして久しぶりホームエギングやって思い出したことが・・・・・

それは






「底の攻め方」




最近は常夜灯周辺を中層から上層付近ばかり攻めてました。
餌木を着底させずに中層から大きなアクションでアオリ達を手前に寄せて
表層のサイトで乗せるってパターン。

しかし、今回ホームでやった事は“底を攻める事”
しっかり底まで餌木を落としてからその場でスラッグジャーク
そして放置プレイ(笑)
確かに去年の10月最後のエギングでも同じ場所で同じように底から
良いサイズをGetしてました。
場所によっては色んな攻め方がありますが
基本はやはり「底取り」「底の攻め方」が重要なんじゃないかと思います。
20121024 (7)
底が取りにくい潮の流れが速い場所や藻場、地磯などでも
しっかり底を取っていけばもっと釣果が伸びる・・・かも

次回挑戦してみましょ~

予定では余裕の二桁だったけど・・・。

先週の土曜日
20131026 (2)
台風の影響が残る中、風裏を求めて昼からNo.1と一緒に鷹島へ

波戸には小さい墨跡が残っているのでまぁー釣れているんだろうが
数・サイズ的にも厳しそうな墨跡だった。

私は息子が落ちないかハラハラしながらキャスティングから
餌木を動かすタイミングや竿の振り方など教え
事故でアオリが釣れてくれないか期待したけどダメだった。

私も近くでシャクったけど1杯(100g程度)のみであとは息子と遊ぶ
20131026 (1)
2時間程度の釣りだったが息子は釣れなくても楽しそう
初のアオリがいつになのか楽しみだ。








2013釣行第46回目
[エギング]
平成25年10月28日(月)
【小潮】 干潮 23:24 (1.11) → 満潮 03:45 (1.48) ※唐津
start/22:00 end/2:00



台風が過ぎて海も穏やかになり、月曜日の夜は風も1m以下
潮は小潮、潮位は下がっている時間だけど気合い入れて出撃してきた。
向かった先はかなり久しぶりの“ホームその1”と“ホームその2”
なかなか北東の風が強くて行けなかった場所

釣行スケジュールではホームで型のいいヤツを数杯
それから呼子方面の各漁港を巡ってさらに数杯
合わせて最低10杯のアオリをゲットする予定だったが・・・


















・・・













・・・












「ホ」





呼子方面で豆が1杯乗ったんですが写真撮る気にもなれず・・・













おわり(爆)




エギング情報サイト【烏賊速報】

ホーム方面は全滅でした。
今の時期に墨跡も少なく、追尾してくる豆アオリも居ない状況
そして呼子方面
アオリの姿は確認できますが青物系が入ってくるとチラッともしなくなる。
アジングしてある方もいましたがサイズは15cm程度

どうなんでしょ?
ピークは過ぎたんでしょうか?
それともこれからなんでしょうか?

ちょっと分からんくなってきました(笑)

餌木カラーについて

追記(H25.1028)
※スマホで記事をアップしてたんですけど画像乱れてました(^_^;)
画像の再アップしてます・・・。




餌木のカラーについて
よくナチュラル系を使ったりするんだけど
特にこのアジカラーは必ず持ち歩いてます。
DSC_1146.jpg
この3本同じ3.5号で同じカラーだけどちょっとだけ違う。
一番上は夜行ボディーでナイトでは体が光ります。
真ん中の奴は私がよく愛用している金アジ!(^^)!
ベースが金なんでナイトでもよくアピールしてくれますね~
そして一番下の目が青い金アジ!!
これは私のホームだと最高にいい釣果を上げてくれます!(^^)!
私のホームって水深がそんななくて普通の餌木だとすぐに底に・・・そして根掛かり(笑)
でもこのシャロー餌木だと長い間アオリにアピールできるし
中層をゆっくり漂わす事できます。
ただし、水深が深くて潮の流れが速い場所だと
全然沈まずに何やってるかわからなくなりますね(^_^;)

他に沢山のカラーありますが
一回の釣行で使う餌木は多くて5本くらいでしょうか・・・
このナチュラル系にピンクかオレンジ、そしてブルーやブラウン、パープル系を
準備すれば一通りカバーできる・・・はず(笑)


段々と天気は回復
台風は過ぎましたが“うねり”が残ります。
皆さん今日明日のエギングはお気をつけください。

参考までwataの餌木カラーでした。


エギング情報サイト【烏賊速報】

予感は外れましたが・・・。

2013釣行第45回目
[エギング]
平成25年10月22日(火)
【中潮】 満潮 23:01 (2.04) → 干潮 05:30 (0.42) ※唐津
start/22:00 end/1:30


“いっちょん台風こんね~”

“風んがばつよかばってん夜はよわーなりそうやけん行ってきたバイ・・・(爆)”




深夜には風が弱まりエギングできる状況なら呼子でエギング
ダメなら肥前鷹島方面でアジングと考えて呼子入り
橋を渡っていると
“風で車揺れる”→“すぐにUターン”

肥前鷹島方面へ向かいました。


途中、ちょっと寄り道してアジかアオリか居ないか常夜灯の下で目視調査
お魚の魚影ゼロ
それならば3号餌木を投げて周辺をさぐると居ました!(^^)!



一発で乗ったぁぁぁぁぁーーー

リーソクズモって叫びそうになりました(笑)












20131023 (2)

なんか怒ってますよね?!(爆)



記念撮影後にすぐに海に帰って頂き次の目的地へ移動です。




ある漁港で25cm前後のアジが釣れているって事で

その漁港に着いたんですけど先行者あり

しかも暴風で湾内はすごく濁ってます。

あまり釣れそうな雰囲気ではないので即移動

最終地は風裏ではありませんがなんとか風を背負って餌木が投げれる場所

そこでアオリを探す事に

1投目で豆アオリ(^_^;)

“沖漬けの汁”作ってくれば良かった・・・

アオリが居る事がわかってちょっとやる気アップ

風が強いけどなんとか足元に寄せて
20131023 (3)
“エギ王Qlive”カラー不明3.0 


20131023 (5)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中

20131023 (4)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中


一番下のアオリは「デカい!!?」っと思ったらスレ掛かりでした・・・。

この後はイカパンチに即アワセで足1本掛けた状態

この日MAXサイズを予感したんですがバレてしまう・・・。



それからは潮位が下がってくるとまったくアタリも無くなり

最後にコレ
20131023 (6)

めちゃくちゃ暴れる(笑)

20131023 (7)

タコって結構高いのでコイツも持って帰って調理する事に(^_^;)



エギング情報サイト【烏賊速報】

約1時間30分程この場所
風は強かったけど湾内から外へ流れる潮の流れも良く
アジゴの姿も沢山居たんでデカいアオリが釣れる予感はしてたんだけど
なかなか予感は当たってくれない。
20131023 (1)

フランシスコが来る前に・・・(爆)

20131013.jpg
今度はフランシスコが日本に向かって来ているみたいですね?
しかも猛烈な勢いでゆっくりと(^^;)
前のウィパーは離れていた北部九州でもかなり強い風が吹き怖かったんですが
今回のザビエル・・・じゃなくフランシスコはそのウィパー以上に
勢力が強そうです。
今後も台風情報には注意をお願いします。





2013釣行第44回目
[エギング]
平成25年10月19日(金)
【大潮】 満潮 21:08 (2.22) → 干潮 03:09 (0.29) ※唐津
start/22:00 end/2:00



仕事がひと段落したんで台風が去った後


そして台風が来る前に出撃してきました。




昨晩の風予報は“東北からの風”“強い”って事で
本当はホームに行きたかったけどウネリと風で“危険”と感じ
エギングホーム開幕戦はまた後日(^_^;)


風裏を数箇所撃ちながらアオリを探すかな・・・と悩んだ結果
またまたここずーと通っている漁港へ行ってしまった(笑)


私の性格なんだろうけどまた同じ場所に通う理由は
①毎回釣果が出る
②その場所の詳しい情報を知る
って事かな。

数か月間同じ場所に通えば色んなシチュエーションに会える
潮位だとか潮の流れ方
そして風の吹き方もそうだけど風速〇mならOK、〇mはNG
ほかにも時期によって釣れるお魚を知る事できるし大きさも把握できる。


そんな感じで私は1年間ホームへ通いながら情報を集めていたけど


















実際は間違いだらけの情報かも(爆)




そんな事を考えながら波戸に立つとやっぱり左正面から強い風(^_^;)
水面は波立ってるし、潮は左から右へ人が歩くスピードで流れてるし
水は濁ってるしでかなり条件『悪!!』
他にもエギンガーさんが横に並んでいるけどみんな寒そう(笑)
とりあえず左に投げて右に流れて餌木回収繰り返すけど
“風”と“潮の流れ”でまったく餌木をコントロールできない・・・
波戸でエギングやってるけどまるでティップランやっている感じだし(笑)




どうする?


さっさと移動するか?




餌木を真下に落としてチョンチョンしながら悩んでいると
あれ?
餌木が潮の流れに反して潮上に動いてるし(笑)



って事で1杯
20131019 (1)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中


※相変わらず“豆アオリ”ですがご勘弁を・・・





アオリがこの状況でも居るって事がわかったんでちょっとやる気が上がった(笑)

状況は変わらないがなんとなく攻め方がわかってきた。



・こんな状況だと餌木3号は流され過ぎて沈まない。
・アオリは常夜灯周辺には居ないけど、暗部や底に居る。

など寒い中に試行錯誤しながら2杯目を探すが








隣の方に500g以上のアオリが乗る・・・。

私は「そんな方向に投げても釣れんだろ?!」っと内心思っていた方向(汗)

そして反対のお隣のエギンガーさんは2.5号で沢山アオリを釣っていた(汗)














皆さん・・・お上手なんですね(爆)







そんな調子で
20131019 (2)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中


20131019 (3)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中







強かった風も2時くらいにやっと弱くなり水面も穏やかになったんだけど
それと同時に海の中も静かに・・・
生命感ゼロ(笑)


即納竿しました。



エギング情報サイト【烏賊速報】
今回アオリが乗った餌木はすべて“エギ王K3.5 ワイルドベリー”
なんでこの餌木をメインに使用したかってのは理由があって
この場所は常夜灯の明りがあるんで
ある程度、海の状況やアオリの魚影が見えるんだけど
それと同時に餌木の動きもよく見える。
でも昨晩は風が正面から吹いて海面は波立ってて
餌木がどこにいるかわからない状況
そんな状況でもピンク系のカラーはよく目立つんで昨晩はずーとワイルドベリー
他の餌木も試したんだけどまったく見えなかった(笑)
ピンクは視認性がいいのでアオリも良く抱くのだろうか・・・
アオリがスレている状況でのカラー変更もあるかもしれないけど
場所やポイントでのカラー選択も重要と感じました。


・・・。

そう言えばサイトエギング専用カラーって発売してたな(^_^;)

おわり

ロッド修理してみる(最終)

アジングロッドの穂先が折れてそろそろ1ヵ月



まずは20cmほど短くなってしまったロッド
20131007 (1)

折れたところから再度カーボン穂先を20cmほどつなぐ。



そして今回は第1ガイドの取り付けから完成でおおくりします!!



まずは第2ガイドと同じように第1ガイドをスレッドで巻き巻して


エポシキコート
20131010 (2)



外したガイド全部接着完了
20131010 (1)





そして数日間乾燥させてこうなった。

トップガイド
topgaido.jpg

第1ガイド
No1gaido.jpg

第2ガイド
No2gaido.jpg

コーティングがもこもこしているのは気にしません(笑)


全景
20131011 (1)
第2ガイドの所で折れてました。



穂先をつなぐときにちょっと曲がってしまったんで
途中で曲がってます(爆)
20131011 (2)
※この手は・・・



曲がり具合のチェック
20131011 (3)

20131011 (4)

なんとか折れずにこのくらいは曲がりました(爆)

20131011 (5)




最後に気になるのがアタリの感じ方
もともとチューブラーロッドだったのが穂先20cmはソリッドに(笑)
アジの繊細なアタリを感じれるかどうか・・・
次回は実践です!(^^)!


それとライトエギング(爆)
こりずに再度このロッドで挑戦?!
ジャンクロッドで3.5号餌木をぶん投げて強くシャクれるかどうか



1投目で折れるかもしれませんがね・・・(爆)




これでアジングロッド修理ネタは終わりです<(_ _)>

使用感に関してはそのうち報告ますね~

※エポシキコートが沢山余ったんで似たような修理だったらご相談ください。

時価にてお請けします(爆)

最近は呼子エギングへ行ってます(^_^;)

2013釣行第43回目
[エギング]
平成25年10月10日(木)
【中潮】 干潮 18:33 (1.02) → 満潮 00:47 (1.97) ※唐津
start/22:00 end/1:30


ナーリーはフィリピンに行ったけどウィパーはまだ出来立てホヤホヤ(笑)
でも高気圧も弱ってきたんで日本海までは来ないだろうと予想する。


出来立てホヤホヤって言えばコレ
20131010.jpg
妻が最近パスタの具材ではなく天ぷらにしてくれますんで





ウマウマです(笑)





ちょっと仕事が忙しくて首が回らんようになってきたけど
“気分転換”と“YAMASHITA餌木モニター”の為に


美味い具材を求めて昨晩出撃じゃーー!!





出撃じゃーーー!!って・・・





出撃してきたんですけどね(笑)








とりあえず第1ポイントのネコちゃん漁港到着
釣り人は・・・エギンガーさん3名
常夜灯からちょっと離れた場所にクーラーボックス置いて
まずは海面照らしてアオリちゃん探し(笑)



まぁー台風が過ぎた後なんでゴミがドンドン流れてくるけど
海の中は台風前と変わらずアジゴだらけ・・・
アオリの魚影はナッシング。
アジゴのサイズはやはり15cm前後かな~
でも前回に比べるとアジのサイズがUPしてるかも?!
車の中にはアジングタックル積んでるけど
今日はエギングオンリーです(^_^;)



昨晩も潮が右から左に早く流れてますので餌木は“エギ王K”



アジゴの中からアオリを探します(^_^;)





1杯目はマメ・・・
20131010 (33)
“エギ王K”軍艦グリーン3.5 ※モニター中




アジゴの下から出てきました!(^^)!




結構このカラー『軍艦グリーン』いいかも(笑)





それから・・・

















それから・・・











なかなかアオリが出てきません・・・。





「あー移動かな~」っと餌木を足元でちょんちょんさせながら考え事してると





餌木に寄ってくる影が!!!!!!(爆)





このアオリがかなり餌木に興味アリアリで





烏賊パンチをしたりちょっと餌木を持ったりしながら





離れたり近寄ったりかなり興奮してる様子





最後はチョンチョンチョンチョンチョンチョンしてからの





フリーフォールでガッツリ乗りました!(^^)!
20131010 (4)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中






それからもなかなかアオリが寄らない時間が続きましたが






もう1杯
20131010 (2)
“エギ王K”ワイルドベリー3.5 ※モニター中




このアオリもしっかり抱いてくれました!!





時間も潮止りを迎えた頃


空がピカピカ光って怪しげな空模様になってきたので


ちょっとだけ2箇所目に移動


移動先に着いた頃には冷たいひんやりした風が強く吹きだしたんで


すぐに納竿になりました。




とりあえず“エギ王K”にて3杯・・・


サイズは残念なサイズですけど


今晩のおかず“烏賊のお刺身”と“ゲソ天”は出来そうです(笑)


エギング情報サイト【烏賊速報】


サイズに数に伸ばせないので次回はホームへ調査いってきます!(^^)!

ロッド修理してみる(第3日目)

アジングロッドの修理





第3日目( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ ・・・(´Д`;)/ハァ






よくよく考えてみると


折れたロッドの修理してるけど


前のロッドに戻るわけではない・・・(^_^;)


ちゃんと治ったとしても全然違うロッドになる


よく言えば








カスタムロッド(笑)








悪く言えば










ジャンクロッド(爆)





『訳あり』『キズあり』って事になる。。。



「どっち?」

後者が強そう・・・

またいつ折れるかわからない不安を感じながら

キャストするってのもなんだかね~(汗)

まずメインロッドにはならないか・・・











なんかモヤモヤしてきた(笑)









そんなモヤモヤしながらも次の工程へいってみよ~(^_^;)/


新しい穂先をつないだ状態。
20131008 (10)




ポコッと出ているエポシキが固まった部分は削って平に



それから折れた箇所にガイドを取り付けます。




なんどかやり直しながらも第2ガイド取り付け
20131009 (1)
赤のスレッドと黒のスレッドで巻き巻き




同じようにトップガイドにも巻き巻き
20131009 (2)





あまり強くスレッドを引っ張ると糸切れますよ~


もっとキレイに巻く事できますが・・・


そこまでテンション上がりませんでした(^_^;)


20131009 (3)





これからエポシキで補強+塗装を(^^)/



コレがエポシキコートを塗った状態
20131009 (4)

20131009 (5)
なんでもそうですが




養生は大事です(笑)



それから一度火であぶってスレッドになじませて乾燥



乾いたらもう一度塗って乾かします。



クルクル回しながら乾燥させればキレイになるんでしょうけど



私は立たせて“ほったらかし乾燥”



乾燥って言っても数時間かかるみたいだし



完全に硬化するのも3日くらいだそうだ。




そして次の日



エポシキコートが乾きました。


折れた箇所に第2ガイドで補強
20131009 (7)


トップガイド
20131009 (6)


モコモコしてますが気にしません(笑)



まぁーなんとかなったかも(爆)



2度塗りするんでまだまだテスト釣行に行けませんが



大丈夫なのか?折れるのか?



すごく気になります(爆)



とりあえず今の状態
20131009 (8)







ちょっとだけ穂先を持って曲げてみました。





20131009 (9)
まだ第1ガイドを付けてませんが・・・




なんとなくですけど・・・















いい感じ(〃^∇^)ぇ∧∧∧っ









次回は第1ガイド取り付けと2度目のエポシキコート塗りです。



そろそろロッド補修ネタに関しては最終回にしたいと思います(爆)

ロッド修理してみる(第2日目)

アジングロッドの穂先が折れたんで新しい穂先をつなげる作業




第2日目(^^)/




今回はエポシキでつなげる作業を行います。




イメージ的にはこんな感じに(笑)
lod02.jpg
まぁーいつもイメージ通りにはいきませんがね・・・(-_-;)




ではスタートです。
20131008 (1)





今回準備したのはコレ(ダイソー)
20131008 (2)
チューブラーの穴とトップガイドの穴にエポシキを注入する装置(笑)



穴って1mmくらいなんでどうやってこの穴に注入するか



100金でいい道具ないかな~って探してたらありました(笑)



こんな感じに使います!(^^)!
20131008 (3)



ちょっと漏れたりしますがしっかりと穴に液を注入できます(笑)




マスキングテープで養生して
20131008 (4)









合体(爆)










トップガイド
20131008 (5)






折れた箇所(第2ガイド付近)
20131008 (6)






液が垂れますが気にしない(笑)










それから・・・














それから・・・












それから・・・










じっくり乾燥させます。








本当はクルクル回転させながらじっくり乾かしていくらしいですが


そんな便利な機械も無いので普通に立てて1日乾燥





するとこうなりました。


トップガイド
20131008 (8)







折れた箇所
20131008 (7)





あとはエポシキが出ている部分を再度削ってガイドをとりつける作業






完成イメージ的はこんな感じだけど
lod03.jpg






はたしてウマくいくのかどうか・・・








まだまだ続きます(爆)


20131008 (9)



次回、スレッド巻くけど・・・

ロッド修理してみる(第1日目)

アジングロッドで3.5号の餌木をぶん投げて

思いっきりシャクった瞬間




『パキッ!!?』




っと粉砕したロッド
20131007 (1)

ティップ側のセクションだけ購入することは出来るけど
そこまで高価なロッドではない為
穂先側だけ買うならロッド自体買い直した方が・・・(^_^;)

釣具屋さんも
「これつなぐの無理っすよ~」
「折れたところにトップガイドがいいっすよ~」
「1万円くいらいでティップセクション買った方がいいっすよ~」

色々なんとかっすよ~っと攻めてきたが
とりあえず自前でティップを直す事にしてみた。

といっても初めてなんでネットや釣具屋でしらべて








いざ挑戦(笑)





まずは第2ガイドを削って外す。
20131007 (2)






アジングロッドはチューブラーロッド

穂先もチューブラーを探すけど近くに置いてなかったんで

ソリッドティップを準備
20131007 (4)
近くの釣具屋に1,000円で置いてありました。



チューブラーロッドに約20cmのソリッドティップ(笑)




穂先だけは柔らかくバット側は張りがある







(* ̄ー ̄*)ニヤリッ






wataのカスタムロッドが出来そうだ(爆)




イメージ的にはこんな感じでつなぐ感じ
lod01.jpg




まぁー素人なんでうまくいくかどうかはわかりません(爆)




失敗したらロッド修理に関しては




今後“記事にしません”ので




その時は




『あー失敗したんだなー』っと笑ってください(^_^;)






















うぅ…(爆)(T▽T;)







さて、これがバラバラになったところです。
20131007 (3)
第2ガイドをとった部分は少しカットしてヤスリでキレイに仕上げます。




次は買ってきたソリッド穂先




つなぐ部分の径に合うように切ります。
20131007 (5)
見た目や触った感じで計測してます(爆)








切った穂先をチューブラーロッドの穴にキチキチに入るくらい削ります。
20131007 (6)
※あまりユルユルになまで削るとダメ(笑)








こんな感じになりました。
20131007 (7)




一度この状態でチューブラーの穴に入れたらいい感じ!(^^)!




で、ちょっと曲げてみるとチューブラー側が割れて失敗しました。

























うぅ…(爆)(T▽T;)









そんな失敗をしながらトップガイドを入れる部分も削り


やり直しながらカーボンロッドを削る作業が終了






下準備が出来ました(^_^)/
20131007 (9)
※写真のカーボン穂先が逆になってます。






とりあえず合体させてみます(笑)
20131007 (8)





なんとなく形になってきましたv( ̄∇ ̄)ニヤッ






次回はエポシキで穂先をつなぐ


つまり・・・


合体させる作業を行います(笑)






次回お楽しみに(^^)/
20131008 (1)

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター