2013年の“ありがとう”です。

(2013年のお礼)

皆さま“多芸は無芸.com”へ来て頂き誠にありがとうございます。
今年一年を振り返りかえると例年以上の楽しい出来事が盛りだくさんの一年間でした。
5月にはwataレコードとなる2kg超えたアオリが陸っぱりから釣れた事
12月にティップランエギングに初挑戦した事
そして一年間アジを追いかけた事
ロッドビルディングに興味を持った事など
非常に楽しく忙しい一年間でした。
これも皆様に来て頂いた事やコメントを頂いた事、応援を頂いた結果だと思います。
来年はアオリ烏賊の自己レコードの更新やライトルアーゲームの上達
そして“Seven Mountain”のプロジェクトも進めて
オリジナルロッドの作成に挑戦したいと思ってます。


最後に・・・

昨年も感謝の気持ちで終わりましたが今年も6つの感謝で終わります。
① ブログへ来て頂いている皆様へ感謝
② ブログで仲間(友達)が出来た事や交流が出来た事に感謝
③ 一緒に釣りに行ってくれる友達に感謝
④ 私に釣れてくれているお魚にも感謝
⑤ 無事に怪我も事故も無く今年一年を終える事に感謝
⑥ 妻に感謝

来年も“ありがとう”と言う気持ちを忘れずに頑張ります。
20131231.jpg


(おわり)

夜の部『アジングの巻』でございます。

2013釣行第56回目
[餌釣り][アジング]
平成25年12月21日(土)
【中潮】 満潮 11:55 (1.71) → 干潮 17:21 (0.63) ※唐津
start/13:00 end00:00


(先日の続きです。)



18時30分からアジを探しに移動
この頃には風も強くなりそして雨やアラレも降ってくるようになりました(^_^;)

とりあえず風裏を探しに名護屋港へ

常夜灯の下でなんとか正面に投げれる場所

向かい風なんでJG1.8gカウント20で底を探りますが何度かアタリがあるくらいで
フッキングには持ち込めず・・・
この場所にきたらいつも底ばっかり狙ってたんで今回も底ばかり狙ってたんですけど
昨日は違いました。


表層の方が正解でコレ
20131221 (6)
JH1.0gに変更


サイズは20cm前後しか居ませんが
まぁーまー楽しめるくらい遊べました。

18cm位のヤツはここに住み着いているネコちゃんにプレゼント
三毛猫のキレイな毛立ちのねこちゃんでしてずーと私の後ろで待ってました。
どこかの行儀の悪いネコちゃんとは違ってバケツから盗んだりもしません(笑)
途中爆風や強い雨が降ったりしたんで休み休みしながら
20131221 (7)
全部20cmくらいです・・・某ブログ風に整列させてます(爆)


先日のモザイク画像です(^_^;)
25cmは釣れておりません・・・
変な風に引っ張ってスミマセン
深くお詫び申し上げます。



結局19時から22時までこの場所で粘って
雨がひどい時は車の中に避難( ̄。 ̄;)
時には激しく霰が降ってくるときも・・・。


小雨の時は濡れながらガンバってもこれ以上のサイズが出ません。

パターンは決まってましたんでポツポツ釣れます。


で、この場所に来てあった釣り人さんとちょっとお話をしていると

「夕方は〇〇の〇〇で型のいいアジが釣れよったよ~」

「ちょっと風も波もあって大変だったばってん」

「うん、そうそう!!その角らへん!!」げな(笑)


えーマジっすか?・・・って思いながらもこの場所で修行。

22時くらいになると風も収まり釣りやすくはなったんですけど

さっきの話が気になり、その〇〇へ行ってみることに(笑)

そして爆風で投げれないようだったら帰ろうと決めて移動です。



目的地について車からでるとなかなかの北風
なんとか風を背負ってから投げれる場所に入るけど
いつもの雰囲気と違います(汗)
テトラにぶつかってくる波
渦巻く波にサラシが出来てるし


そんな怖い状況の中で1投目





20131221 (8)
23cm

どこにリグが通っているかわからない状況でサクッと釣れました(笑)

後ろで風がゴーゴー言ってます(^_^;)

3キャスト1アタリ

そのうち何度かはフッキングして上げれますけど

3尾はテトラの中にポチャ・・・


2尾のみGET
20131221 (9)

奥のはは23cm
手前は25cmくらいあるかな~

ポチャってしたアジが勿体ない・・・

バケツは足元に置いといたほうがいいね。


結局この場所では暴風と雨で30分も居れずに撤退

さすがに危険と感じました(笑)




今回GETしたお魚たち
20131221 (10)

お刺身に煮付け

そしてアクアパッツァで美味しく頂きました!(^^)!

お昼の部『フカセ釣り』でクロ狙いの巻

2013釣行第56回目
[餌釣り][アジング]
平成25年12月21日(土)
【中潮】 満潮 11:55 (1.71) → 干潮 17:21 (0.63) ※唐津
start/13:00 end00:00





「今年は“フカセ釣り”やってないなぁ・・・」

って思うと無性に餌釣りをしたくなったんで同級生のDAI君と一緒に釣りに出かけた。



午前中に用事を済ませて昼からDAI君と出発。
狙うお魚は“クロ”
20cmくらいのコッパが沢山釣れたらいいなぁーと思いながらも
風裏になっていた波戸岬方面の漁港で竿を出すことにしました。

久しぶりの“フカセ”で準備してきたのは1.5号の竿、0号のウキで棚は・・・竿1本分?
仕掛けがよくわからんけどハリスは1号で中間に小さいガン玉を付けて
撒き餌巻いてスタート
結構、この時点で楽しいです(笑)

餌取りはメチャクチャ居るなかでファーストヒットはDAI君でメバルGET
20131221 (2)



私はすぐに餌を獲られてしまうんで思うようにお魚が釣れない。
ウキが水中に入ってからアワセてもお魚は掛かってませんし
ウキが水中に入ってアワセずにそのまましててても掛かってない。
そんなやり取りも楽しいです。

その時!!!?

ウキがいつもよりも早く入っていって横へ走るんで「うりゃっ!」っと合わせると

20131221 (3)

待ってました“コッパグロ”(笑)
20cmくらいですがよく引きました!(^^)!

呼子大橋と記念撮影(爆)
20131221 (1)


それからは小さい“コッパグロ”を1尾追加

あと釣れるのは豆アジばかり・・・。
20131221 (4)
夕方に中アジが入ってくるのを期待したんですけどアジは不発。


それから日が傾きかけて頃には風は正面から当たるようになってきて
仕掛けも撒き餌も飛ばないしようになるしウキが見えないようになってきた。
「もうちょっと大きいのが沢山釣れてもいいんじゃない?」と思いながら
よそ見してたらウキがない事に気づいて竿を起こすと




( ̄□ ̄;)ギョッ




「ギョギョギョ!!!」


重たい(笑)


なんか釣れた!!って感じで最初はチヌ?って思ってたら違う
水面に出てきたのはお目当てのクロ!!

結構いいサイズちゃないって事で慎重に上げるとコレ

20131221 (5)
ジャスト30cm

いやー狙っていたサイズなんだけど
実際にこのサイズが漁港から釣れるとは思わなかったんでビックリです。

このあとも小さいアジが釣れたんだけど小さすぎてダメ

暗くなった頃に納竿となりました。


20cmから30cmサイズが沢山釣れればよかったんですけど
結局キープはクロ3尾のみ


小さいクロは駐車場のネコちゃんにおっそわけ(爆)



持って帰って調理
20131221 (11)
20cmと30㎝


今日の晩に頂きますヾ( ̄∀ ̄*)





っとココまでが昼の部です。
DAI君とはここでお別れして私は休憩後に夜の部『アジ探し』放浪へつづく(笑)




続きは後日更新しますが・・・


ちょっとだけ予告を(笑)




もうちょっとお付き合いください(^_^;)












20131221 (13)















20131221 (14)

























20131221 (12)

























おわり(爆)


※決して暇人ではありませんので勘違いしませんようにいねがいします。

どこでなにをどうやって釣る?

先日35cmくらいのクロを近所の方からもらったんで

お刺身で食べたんですけど・・・




ウマかった( ̄∇ ̄;)w




なので明日は超~久しぶりに餌釣り考えてます。

平戸・松浦方面行きたいけど

日曜日は仕事なんで近場で(^_^;)



福島?鷹島?呼子?

沖波戸や磯なんかに瀬渡ししてもらえば

30くらいの釣れるのかな?


でもそこまでしなくてもいいかな~

どこかゆっくりとウキを眺めながら釣りできる場所さがしてきます(笑)

名護屋港アジング

2013釣行第55回目
[アジング]
平成25年12月16日(月)
【中潮】 満潮 20:53 (1.89) → 干潮 03:19 (0.14) ※唐津
start/22:00 end00:00


昨晩ちょっとだけ名護屋港をウロウロ。

20131216 (3)

20131216 (2)

20131216 (1)

キープできそうなヤツはアラカブ23cm1尾とメバル21cm1尾だけ・・・
あとは豆なアラカブ1尾と豆メバル2尾と豆アジ2尾
(すべてリリース)

なんだかな~って感じにってきた。
北東の風は邪魔になるし、思い通りに行かないアジング
打開策を考えるがそこまで知識と経験がない。



・・・

次、頑張ろう。

ウエイトバランサーとは・・・

エギングをやっている時、皆さんのロッド穂先はどこを向いてます?
上を向いてますか?それとも下?それとも水平?
シャクっている時は別として待機中は色んなシチュエーションによって
“穂先を上に向けて待つ”や、風に邪魔されないように“穂先を下に向けて待つ”
など常に上下に動いていると思います。
私はナイトエギングがメインなので「ラインが入っていく」ようなアタリは
判りません。シャクった後はラインにテンションをかけてフォールさせる
いわゆるテンションフォールでアオリが餌木を触る瞬間を待ちます。
その為にロッド穂先を斜め上に構えている事が多いです。
(底でアオリを乗せる時は穂先は下に向いてますが・・・。)

そして最近は釣行から帰るときに手首が疲れていることが多い(笑)
別に気にはしてなかったけどコレを見て「ん~なるほど~」と思っちゃいました。

富士工業株式会社のカタログ
『誰にでもできるロッドクラフト』の中の一部ですけど紹介します。

20121213①

20121213④

20121213②

20121213③



ベストバランス(笑)


人それぞれの支点“ベストバランス”があるはず。

エギングは両手でロッドを豪快にシャクって竿を振りまわすので
バランスをそこまで気にする必要はないけど
繊細なアタリに合せて“掛ける”アジングなどでは重要なポイント
特に片手でロッドを操作するし“掛ける”動作に抵抗がない方が
早くアジの上顎に掛かるかも(笑)
まぁ~早くって言ってもコンマの世界でしょうけど・・・。

タックル自体は重くなりますが


ロッドが軽く感じ、長時間の釣りが楽に!!



ティップが軽く感じることで、よりアタリが・・・

敏感に!!




バランスアップでキャストから・・・

ランディングまでロッドの操作の精度も・・・

アップップーーー!!(爆)



って言われると試したくなりますよね~(爆)

ティップランエギングの考察

昨日書きましたがティップランエギングの面白さ

「ティップランって穂先の動きでアタリを取るらしく
穂先が1cmほど入るか・・・または穂先が戻るか・・・
そんなシビアなアタリを感じて“掛ける”事が大事で
そこがティップランの醍醐味」



キーワードは“掛ける”

ティップランは攻撃的積極的にこちらから攻めるエギング。
陸っぱりメインの私も“掛ける”エギングってのは凄く楽しく
アオリが餌木を触った瞬間に合わせてドラグを鳴らす場合は
『釣った!!』と言う喜びを感じます。
たとえばテンションフォール時に感じる「コンッ!!」と言うアタリに対して
素早く“掛けて”釣るシチュエーションは最高に嬉しいです。

そしてこの“掛ける”の反対にくる言葉は“乗せる”かな?!
この“乗せる”ってのは自然に餌木をフォールさせて
フォール中にアオリが抱くのを待つ
または着底時にアオリが抱くのを待つといった具合に
自然にアオリが乗ってくる事を待つような感じだと思います。
コレがアオリが“乗った!!”や“乗る!!”って事で嬉しい事ですが
“掛ける”喜びにはちょっと劣ります。

どちらが楽しいかと言うとそれは釣り人で違いますが
積極的に“掛ける”釣りが楽しいのか
それとも自然に“乗せる”釣りが楽しいのか考えてしまいます。
ここ最近の流行は“掛ける”の方向でしょうか?
どちらにしても今回の釣行で得た経験は
今後の私にとっても十分プラスになり
ますますレベルアップできそうな予感はします。

それと共通するアジング
“掛ける”と“乗せる”の両者
目的は一緒ですけど道具も変わってくるのでややこしい。
“掛ける”ロッドはパッツン系
“乗せる”ロッドはしなやか系
この両方を持ち合わせたロッドは最強なんでしょうけど・・・
ロッドの固さも人の好みで変わります。
私はUL(ウルトラライト)が好きかな・・・
お魚とのやり取りを楽しむにはULだと思います。
やり取り中のお魚の鋭い突っ込みなどにも
ロッドのしなりでお魚をコントロールする事も可能だし
なによりロッドが大きく曲がる。
最近のロッドはバットの力もあるんである程度は
対応できるのではないでしょうか。

ロッドに関してもうひとつ
アオリを釣る為のロッドにも陸っぱり用とティップラン用
しかも春用や秋用など細かくカテゴリーを分けられていますし
アジング用のロッドにもソリッドやチューブラ
そしてジグ単にキャロ用、しかも遠投用など細かく分けられると
ユーザーにとっては非常に悩むことになります。
しかもロッドは高い。
そう簡単にワンシーズン中に何度もロッドを購入できないので
やはりロッドを購入する時は慎重になりますよね。
本当なら実物を振ってみたり、実際にルアーを取り付けて実釣してみる
そこまでしないと本当のロッドの性能はわかりません。









・・・






なんの話かわからなくなったんで終わります(爆)

2013年最後のエギングは船の上からアオリ様・・・(爆)

2013釣行第54回目
[エギング - ティップランver]
平成25年12月8日(日)
【中潮】 干潮 07:04 (0.31) → 満潮 13:53 (1.73) ※唐津
start/07:00 end15:00


ティップランに挑戦してきましたよ~
唐津市肥前町のきずなまりんの安井船長にお世話になりました(^^)/
私は初めてだったんですけど、私以外は常連さん(笑)

★メンバー★
ポッポちゃん(上級者)
黒みらさん(上級者)
通行人@さん(上級者)
genaさん(師範)
HGginさん(師範)※前回の竿頭(^^)/
そして私(入門者)を含めたブログ仲間6人でのティップラン釣行です(笑)


今回のティップラン釣行でミッションが2つ

“ミッション1”エギングロッドジャンク品の穂先を入れ替えたヤツでの挑戦(笑)
(※かなり無帽な挑戦でした。)

“ミッション2”
キロオーバーのアオリの捕獲作戦
(※年内中にキロ捕獲)


しかし、初めてなもんで専用のロッドや餌木持ってないし・・・
そこでHGginさんに助けられながらのティップランとなりました。




出航前
20131208 (2)
皆さん気合い入ってます(笑)



7時出航
20131208 (3)
肥前鷹島大橋の下を通ってポイントを目指します。



お約束のカットです(爆)
20131208 (4)
コレがないと釣れないらしい・・・



ティップランエギングスタートです(^^)/
20131208 (5)




私も急いで準備してスタートしますが
安井船長から餌木の交換命令が・・・(爆)

「そん餌木はいっちょん釣れん!!」げな(笑)

それから船長に餌木の落とし方や底取りの方法
それからシャクリからテンションのかけ方まで一通りレクチャー頂いて
ティップラン初となる1杯目を待ちます。



えーと、写真撮るの忘れてました(^_^;)


本当はブローガーなんでもっと写真を撮るはずだったんですが
ずーと穂先ばっかり見てました(笑)


他の5名は慣れたもんで開始早々、次々に竿を曲げてます・・・



私にはちょっと遅めの1杯目が釣れました~
穂先を変えた普通のエギングロッドでの1杯目(笑)


しかもミッション1をクリヤー:*☆【ネ兄】;:*:;


しかしアタリは穂先でなくロッドだったと思います(汗)


ティップランって穂先の動きでアタリを取るらしく
穂先が1cmほど入るか・・・または穂先が戻るか・・・
そんなシビアなアタリを感じて“掛ける”事が大事で
そこがティップランの醍醐味らしいです。



その為にティップ部分は非常に重要で素人ロッドでは無理っぽい(笑)
2杯目以降はHGginさんのが私の為に持ってきて頂いたロッドに交換して
再スタートです。

ポッポちゃんから「ヒット餌木のカラーはコノシロ?」と言われたので
「えーとアラカブです!!」と訳がわからん返事をしていると

2杯目ヒットーーーーー!!!

えらく引きますのですぐにわかりました『エソ様~』(笑)
ガッツリと餌木を飲み込んでました・・・
船長に餌木の回収をしてもらい
再スタート



底に落として・・・



5回ほどテンションを張ったままの細かいシャクリからの

一呼吸した時に!!?










wata「キターーーーーーー!!!!!」



この重み間違いなくキロオーバー

いつもは深夜の漁港でのエギング・・・
一人ぼっちでアオリが釣れたらスマホでアオリの写真だけ撮ってました・・・

すのでコレ憧れてたんですよね~(笑)







どうぞ(爆)









20131208 (6)

1人釣行ではできない物持ち写真(^_^;)

顔は写ってません鼻の下が伸びてます(爆)


いやー早くもキロアオリ!!




ミッション2をクリヤー:*☆【ネ兄】;:*:;




という事は

ミッションコンプリート☆☆☆ 祝 ☆☆☆



もう満足です(爆)





あとはダイジェストでご覧ください(爆)





HGginさん
20131208 (10)
1人で20杯弱?!釣って竿頭の連覇です。
隣で毎回竿曲げてました(笑)





genaさん
20131208 (9)
さすが師範(笑)
船首の方で竿曲げてあと1歩HGginさんに及ばず・・・





黒みらさん
20131208 (8)
今回はアレが起きずに良かったですね(爆)
数もサイズも納得の釣果(ノ^^)ノ




通行人@さんとポッポちゃん
20131208 (7)
ダブルヒット(笑)
もうちょっとで50オーバーのヒラメが乗る所だったんですが
水面近くでサヨナラ(爆)
次回リベンジですね~
通行人@さんは二日酔いのせいか終始眠そう(笑)




最後にデカいアオリ
20131208 (1)
小さく見えますが上2段はキロオーバーだと思います(ノ^^)ノ




今から忘年会です(笑)

また明日にでもティップランについて
wataなりに考えた事を書きたいと思いますので・・・

ティップランで大漁~(^^)/

今日はお友達と“ティップラン”に、行ってきました(^^)/

皆さんは師範や上級者(笑)

わたしは今日が初めてなんで入門者( ̄∇ ̄)


皆さんには誘ってくれた事やアドバイスを沢山頂いた事に・・・・







ありがとぅーーーー(爆)

特にHGginさんにはロッドからティップラン用の餌木など
何から何までお世話になり
本当に感謝でいっぱいです(>_<)

今度御礼をさせて頂きます<(_ _)>



釣行の様子は明日にでもアップしますね~(^^;)

とりあえずいつもはできないコレ(笑)






コレやってみたかったんですよ(爆)


さて、今からアオリの解体作業です・・・( ̄∇ ̄;)

奥深きアジングなり・・・。

2013釣行第53回目
[アジング]
平成25年12月6日(金)
【中潮】 満潮 23:49 (2.08) → 干潮 06:16 (0.13) ※唐津
start/21:00 end2:00


昨晩はDAI君とホームへアジを爆釣させるべく出撃しました(^^)/

















・・・


















・・・


















“完膚なきまでの敗北”




『完膚無きまで』とは
【読み】 かんぷなきまで
【意味】 完膚無きまでとは、徹底的に打ちのめすさま。

【注釈】 「完膚」とは、傷のない完全な皮膚のこと。
無傷なところが無いほど徹底的にやり込められるさまをいう。
唐の王朝に反乱を起こした蒋鎮が同僚の劉廼を自分の味方にしようとしたが
口がきけないふりを装って返答しなかった劉廼に、蒋鎮は全身に灸をすえて
皮膚を焼いてやけどを負わせたという故事に基づく。



きっとMASAさんが仇を取ってくれるはず・・・




これで“アジング”というジャンルを一から見直す機会になりました。

掛けるのか?乗せるのか?

落とすのか?引くのか?



奥が深い・・・



いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター