常夜灯とステッカー

2014釣行第5回目
[アジング]
平成26年1月28日(火)
【中潮】 満潮 19:29 (1.80) → 干潮 02:12 (0.04) ※唐津
start/22:30 end03:30



先日調査してみた場所へ行ってみた。
正面からの弱い風が気になるけど投げれない事はないと判断
アジングされてる方がいましたんでどんな具合か聞いてみたら「豆が・・・」との事(^_^;)
その方は私が準備している間に帰られましたので
私一人での挑戦になるんですけど海はいい雰囲気(笑)
常夜灯の明りがいい感じに海を照らしてます!!


んで、いざ準備してポイントに入ろうとした瞬間








『フッ・・・』




アッ・・・( ̄_ ̄ i)タラー







街灯が消えた(爆)






なんでこのタイミングで消えるの・・・(ーー゛)


だからさっきの人帰ったんだ


タイマーでこの時間に消えるのね~(涙)





すぐに移動。


呼子入りしてある“燻しさん”に連絡して名護屋で待ち合わせ


始めましての挨拶して初コラボ開始


私はアジを求めて・・・


燻しさんはアラカブを求めて・・・


あっちこっち撃つけどなかなか巧い具合に釣れない


本格的にアラカブ狙いで底を攻めると根ガカリ多数発生


なんでも難しいね


結局、名護屋でアラカブ4尾+アジ1尾


そのあと呼子漁港へ行ってアジ6尾


アジのサイズは相変わらずのMAX20かな
20140128 (3)







それとTKMGステッカー当たりました(爆)
20140125 (3)


“NO TALEX? NO FISHING!”


と書いてありますので釣りするときは必ずTALEXの偏光レンズをしましょ~


「TALEXしてなきゃそれは釣りじゃねぇーーー!!」って事ですね(笑)

















私持ってません(爆)



このステッカーはこのBOXに貼らせて頂きました。
20140128 (2)
メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7070

それと同時に作ったステッカー
20140128 (1)
これも横に貼らせて頂きました(爆)


将来的にナイトオレンジまで揃えます・・・(^_^;)





あっ!?

燻しさんまだ今も竿振っているんでしょうか?(爆)
昨日の夕方から呼子入りしてあるみたいなんですけど鉄人ですね(^_^;)
アオリが釣れてればいいけど・・・

コーヒーご馳走様でした<(_ _)>
また宜しくお願いしますね!!

呼子周辺のポイント調査

ナイトでアジングやエギングやってて「あの場所に行ってみたいけど・・・」

っと思っている場所に行ってみた。

夜に行くと海の状況や水深、ストラクチャーの位置などは暗くてわからない

その為、事前に明るいうちに行ってみて状況を調べる。

潮汐・水深・海底の様子・沈み瀬・潮の動き・方角など実際に見て

この“方向の風ならNG”や“満潮時は入れないのでNG”など確認できる。


20140125 (8)

20140125 (5)
ここは駐車場からも近くアジングで良さそうなんだけどとても浅い。
アジが居るかどうかは実際に投げてみないと判断できないけど
潮の流れもいいのでいつかエントリーしてみる価値あり。


20140125 (7)

20140125 (1)
そしてココは何度か来たことあるけどこのテトラで竿を出したことはない。
外海に面していて潮通しもいい。
水深もあるしエギングなんかでは回遊待ちで狙えそうだ。



これが釣果につながればいいけど・・・。

名護屋アジング

2014釣行第4回目
[アジング]
平成26年1月22日(水)
【小潮】 満潮 18:52 (0.54) → 干潮 01:11 (1.45) ※唐津
start/21:00 end00:00


いやー極寒でした。
釣りしている間に車のフロントガラスは凍るし
海には湯気みたいなのが上がってるし
指は冷たくて動かないし

んで昨晩の唐津地区の気象データみると


-1.1℃


氷点下でのアジングなんて初めて(笑)



風は無いけど寒すぎる・・・

いや、寒いと言うより冷たい。

こんな状況でノーキープは辛すぎた。


日付が変わる頃には海から生命感がなくなり

空には輝く月が登場

奥の湾にはベイトがビッシリいたけど

それを追うフィッシュイーターは“無”

いったいどこに行ったんだい・・・。




20140123 (2)

20140123 (1)
MAX20cm




あと二言だけ最後に言わせてもらえば






加部島人大杉(爆)





お刺身食べたい・・・(爆)

大物が釣れるって時はどんな時?

天気予報って毎日チェックしてますか?
私は毎日風や風向き、波の高さや気温などチェックしてます。
「今晩釣りに行こうかな~」って思う時は風速3m以下の時であって
風速が3mの時でも次の日が風速2mの時は次の日に行きます。

“呼子に行くには自宅から車で25分くらい”

って感じでまぁまぁ釣りに行くにはいい環境に住んでます。
海のそばに住んでいれば毎日釣りしてるかも・・・(笑)



んで、なにが言いたいかというとお魚は

“無風の時が釣れる”

のか

“ちょいと風が吹いている時”

がいいのか

それとも

“荒れている時”

がいいのか考えたんです。

時と場合によると思いますが
風が正面から吹いていると海面のゴミやアミなどは波戸などにぶつかって
横に流れて行きます。
そんなポイントは結構釣れるケースが多い。
特に常夜灯の下なんかではこの様なケースは鉄板ではないのかな。

でも私が普段釣りに出かけるのは“無風の時”なんですよ・・・。
なんでって・・・


風が吹くと釣りにくいから(爆)



コレって大きいお魚が釣れない原因なのでは?って最近気づきました(^_^;)


『釣り場が近いゆえに自分の優位な条件で釣りに出かける。』


この考えどうでしょうか?


『お魚達が漁港などに寄ってくる条件』とはまったく異なると思う。


今迄みたいに小物ばかり釣るなら自分優位でも構わないけど
大物狙いになると通用しないんだ。

離島の方たちはお魚が回遊してくる時合をしってます。
夕マズメの秘密の時間
この時間がやってくると
地元のおばちゃんやおじちゃん達は波戸にやってきて竿をだし
時合が過ぎればすぐに帰っていく。

こんな時合を見つける事も大事だと感じてます。
かならず何かしら条件がある



それを探しに旅へ。。。

豆アジングの旅

2014釣行第3回目
[アジング]
平成26年1月16日(木)
【大潮】 満潮 21:48 (1.84) → 干潮 4:12 (0.02) ※唐津
start/21:00 end02:00
20140116 (3)
風よ吹け~


輝くお月様の下でアジ探しの旅へ
呼子方面の数箇所撃って回ったがMAX20が限界
ジグ単体でギリギリ届く場所で底にべったりな感じで
狙い通りの場所に撃てた時だけ底の方で“ククッ”や“コンッ”とアタッてくる。
横からの風と潮の流れでラインコントロールが難しく
なかなか“掛ける”事ができない状態が続いたのちアタリは無くなった。
20140116 (1)


1.3gのジグヘッドにプラス2gのシンカーを追加して遠投
底の方で吸い込むアタリに合わせて上がってきたのは
20140116 (2)
お腹パンパンの25cmのアラカブ

それからは常夜灯周辺を回ってみたが15cmから18cmの豆オンリー


・・・。


厳しい豆アジングの旅でした。

“乗せる”アジングと“掛ける”アジング

ネットでアジングタックルを調べていると面白いですね。

“乗せる”アジングと“掛ける”アジング
この二つがあるのは間違いないがよく目にするのは“掛ける”アジング
この主役となるのは“超高弾性”“高感度”“超軽量”などの
“パッツン系”のロッドそして“ポリエスチル系”の極細ライン
このロッドとラインで楽しむアジングは“掛ける”アジング
この楽しみの前提にあるのは『感度』
“ON”のアタリや“OFF”のアタリを瞬時にとらえて

上顎に“掛ける”

その為には潮や風の影響を受けない“細いライン”であって
アジの気配を敏感に伝える事が出来る“伸びないライン”を使用
そしてラインから伝わるアジの動きを敏感に感じることが出来るロッドであって
“硬め”のロッドが必要になる。
これが“柔らかい”ロッドだとアワセの時に竿が曲がりワンテンポ遅れてしまう。
このコンマ何秒の世界が“掛ける”アジングの醍醐味だ。


最近の流行ってこんな感じかな~
ちょっとメーカーサイドに立って書いてみたんだけど(笑)


私“パッツン系”のロッドなんて一度触った事があるくらいで
実際に“パッツン系”ロッドを振ってアジ釣った事ない(笑)


今使っているアジングロッドはUL(ウロトラライト)のソリッドティップ

私は“乗せる”アジングの方かな~

ここ2回ほどフロロ2lbでアジングやってるけど『感度』は十分だと思っている。

ロッドから手に伝わる信号もわかるし穂先を見ててもアタリがはっきり出る。

“OFF”のアタリのジグの重みが消えるアタリこれも感じる事できます。

ある程度張りがあって細身のロッドなんで振り抜けもよく

お魚を掛けた時は楽しく曲がってくれる。

あとは前回気になった深場でのラインの伸び

どうしてもフロロ2lbだと深場だとボヨーンとした感じがでるので

もう一度ポリ系に戻してやってみる。

予備スプールに巻いているPE02も時々使ってみないとね!!


今年挑戦したいロッドビルディングは“掛ける”アジングロッドだけど
“超高弾性”“高感度”“超軽量”でソリッドティップの食わせて掛ける仕様
そんなロッドを夢見て・・・


(おわり)

まずは“ピンキー”か“マスター”か?

2014釣行第2回目
[アジング]
平成26年1月11日(土)
【若潮】 満潮 18:27 (1.50) → 干潮 1:11 (0.43) ※唐津
start/21:00 end02:00


家を出るときホームに行くか?それともホーム以外に向かうか悩んだ結果
ホーム以外に向かった。
本当はホームに行ってダラダラやりたかったけど
昨晩は気合い入れて各地を回った・・・。

まずは加部に行ってみたが人大杉
名護屋の常夜灯でのスタートとなった。



潮がは程よく動いていて水面はべた凪
真上にある明るい月のせいなのか
潮が引いているせいなのか
メバルが表層に浮いていても良さそうなんたけどメバルの姿がない。

中層より下で豆アジを確認できるがそれ以外はまったくノーバイト


これ以上のサイズが見込めないので移動
波戸、外津、仮屋回って最後は星賀

どこもキープ出来るようなヤツは釣れずに納竿

やっぱり干潮前後は苦手だ。
こんな事ならホームで投げてもよかったんじゃないか?!って思ってしまう。

なんだろ・・・

アタリを拾えない俺の腕が悪いのか?

ラインはピンキー03を巻いていたが残量が少なくなったんで
今は以前巻いてたフロロ2lbでジグ単にてやっている。
飛距離も感度も悪くなくライントラブルも少なくて
1回の釣行でラインシステムを組み直す事もなく快適。
ただ、一つだけ不満なところはラインの伸び
水深があるところではこの伸びがアドバンテージとなっているのでは?
リーダーを組まなくていいフロロで簡単に済ませているが
これからは以前買っていたPE02も使ってみながらバリエーションを増やして行こう。
まずは“ピンキー”か“マスター”か?

素人の考えで大丈夫ではない・・・。

近くにお店が無いのが残念。

実際にブランクを振れないってのは怖い
どのくらいのテーパー設計で持った感じは?重さは?張りは?振り抜き感は?
コレばっかりは商品が届かないと試すことができない。

ロッドを作る上では中心的な物だが
まったく素人な私
カーボンがどんな性質なのか?
どうやってブランクが出来上がっているのか?って所から勉強しないと・・・。
実際に見ることが出来ないのが残念。


そしてブランクと同じように重要なのが“ガイド”かな
20140110 (2)
カタログを見れば多種多様なガイドが並んでいて
“ステンレス”や“チタン”など多種多様なサイズがある。
そしてdaiwaのAGSや去年から出たSICより薄く軽く出来るリング“トルザイト”
“トルザイト”はSICと同様の強さがあって薄く仕上げることが出来る。
重量も40%カット?
自分で作るなら最高級のヤツが欲しいね。


そもそも“ガイド”の役目についても考えてたい。
なぜガイドが必要でどのような理由で“素材”や“径”を決めて
どうやって並べているのか非常に興味がある。
20140110 (1)
これから勉強してひとつひとつ理由を見つけ納得していきたい。

PE用やナイロン・フロロ用、そしてモノフィラメントライン用の
基本セッティングが細かく設定してあり
それから自分の求めているガイド(セッティング)へ変更していく。
まったくのゼロからのスタート

「本当にスタート出来るのか?」って気がしてきた。

ランガンシステムVS-7070(メイホウ)

まるきん唐津の初売りで購入したヤツ
20140109 (2)
ランガンシステムVS-7070(メイホウ)


今まで釣り道具はバッカンに押し詰めて収納
持ち運びには不便・・・
って言ってもそんないっぱい道具持ってウロウロはしないんだけど
なんかいい物ないかな~って新たな収納ボックスを色々探してました。

候補としては
1.リングスター(RING STAR)のドカットシリーズ
リングスター(RING STAR) ドカット D-4700BB
リングスター(RING STAR) ドカット D-4700BB

ナチュラム価格2,762円
(税込2,900円)



2.メイホウ(MEIHO)の バケットマウスBM-9000
メイホウ(MEIHO) バケットマウスBM-9000
メイホウ(MEIHO) バケットマウスBM-9000

ナチュラム価格4,543円
(税込4,770円)



この二つで検討した結果
メイホウ(MEIHO)のバケットマウスがいいかなーって思いながらも
ずーと買わないでいたんですけどね(^_^;)

実物見に行っても「ん~ちょっとデカいよね・・・」って躊躇してました。

そんな悩んでいた最中にメイホウ(MEIHO)さんより去年登場したVS-7070を発見
09251420_524272ad58a2a.jpg
メイホウ(MEIHO)さんのHPより
陸っぱりバサー必見、機動力抜群の“ランガン システムBOX”。
持ち運びやすいサイズ感、それに加えて計算しつくされた収納スペース。
さらに、上段がトレースタンドに早変わりするなど、バスフィッシング
のみならず、エリアでも重宝すること間違いなし!



やはり荷物はコンパクトな方がいいし
私にはちょうどいいサイズかな。
ロッドスタンドも付けれるみたいだけど今はクーラーにスタンドを付けているので
今回は一緒に買ってない。
実際車の中に入れといて持ち歩くことはないけど
離島や地磯、オフショアなどでは持って行ったら活躍しそう。

裏はこんな感じ
20140109 (3)



一段目を開けるとこんな感じ
20140109 (4)



一段目のフタを閉めてメインの収納庫を開けるとこんな感じ
20140109 (5)
餌木ケース2コにその他諸々のチッコイケース


20140109 (1)

これから再度整理しながらベストな状態へ仕上げます。


ステッカーも貼らんばいかん・・・


- 追記 -
ランガンシステム VS-7070にステッカー貼りました(^^)/
記事はコチラ(写真をクリック)






ナチュラムでチェックしてくださいね!!





ナチャラムをずーと見てたら20%オフや25%オフと変動してた。
年末は25%だったけどお正月は20%
そして今見たらまた25%オフになってた。


エギングやライトタックルで遊ぶならちょうどいいサイズだし手ごろな価格
満足できるタックルボックスでした。

※上記商品の価格は2016年1月26日現在の価格です。
 価格の変更等があるんでしっかりチェックしてくださいね。


ちなみにまるきんの初売り抽選会で当たったのは・・・カットバン(爆)

ホームにサヨナラの予感

長いお休みが終わった・・・。
寝て食べて呑んで遊んで、そして寝るの繰り返し。
20140106.jpg



今年は“みんな元気に行こう!!”を合言葉に昨日から仕事始め
昨年末は仕事を納めようにも納めきれない出来事もあったが
長い休みで心も体も十分過ぎるほど休めた。
2014年心機一転でがんばろう。




2014釣行記念すべき第1回目
[アジング]
平成26年1月6日(月)
【中潮】 干潮 19:04 (0.48) → 満潮 1:19 (1.68) ※唐津
start/21:00 end00:00


昨晩は初釣り
どこに行くか悩んで結局は近場の漁港(ホーム)へ行ったんだけど・・・
ホームのアジはダメっぽい。
アジは釣れるんだけど平均18cmでMAX20cm
昨シーズンみたいに20cm〜25cmが出ないし
最近は船道の常夜灯も釣り人のマナーかクレームなどで消されている。
そろそろホームを見切りをつけようかと思ってしまった初釣行だった。

なんとなくモチベーションと言うかテンションが下がってて写真も撮ってない。
どっかで「20cmでもいいや」という気持ちがあるのかも
手を抜いてホームに行く事が原因か?
“家から近い”とか“車から歩いてすぐの釣り場”とか
“すぐに帰れる”“そのうち25cm前後の回遊組がくるだろう”など
甘い考えでちょっとダラけてしまっている。

アジング2年目のシーズン
新天地を探しながら新たな楽しみを求めないと。



釣果データ
・アジ11尾(16cm~20cm)
・メバル2尾(16cm・18cm)
・セイゴ1尾(25cm)
すべてリリース

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター