1.5gは売れ筋か?!

こいつの手持ちが少なくなってきたんで
この前まるきん糸島点とキャスティング唐津店に探しに行ったけど
どっちも在庫なし
買いたいのは1.5gのフックサイズ10と8
24807.jpg
結構1.5gってのは売れ筋

去年の秋からはこのジグヘッド1gをメインに修行中
この1gを手足のように動かすことを目標に頑張ってるけど
潮の流れや風向きでどうしてもこの1gでは厳しい時は1.5gや2g
もしくはそれ以上を使用

お店に入荷したら買にいこっと。

松浦川の河口(150102)

松浦川の河口へ
お友達はカレイ狙いの投げ釣り
私もカレイ仕掛けでぶん投げたら『バチッ!!』っとなって『ヒューーーー』

「・・・」

仕掛けお借りしてたのに『スンマヘン・・・』(笑)

ちょっとだけジグやプラグ投げて終了
投げて巻くだけでも楽しい釣りだった。
20150125.jpg

なにかと・・・

仕事も忙しくて毎日があっという間に過ぎて行ってます。
今日は久しぶりに打合せの後にちょっと時間が空いたので今年初の釣具屋へ
去年はまるきんの初売りでメイホウのVS7070など買ったけど
今年は特に買う物なんてないのでロッドやリールなど見て終了
コレだけ貰って帰りました(笑)
20150124 (1)
佐賀長崎北部の各ポイントと潮汐表が掲載されてますので助かります。

ついでにコレも
20150124 (3)
今年はダイワさんからロッドもリールも買う予定はないけど・・・。


さて、呼子方面でも笹やヤリ、スルメなどの釣果情報が多くなってきました。
これらのお刺身はアオリのお刺身より断然ウマいので
スッテでもいいしライトエギングでもいいので狙ってみる価値『高』です。
ただ、餌木でシャクル場合はドラグ緩くしといたほうがいいっすよ~
足が短いのですぐに身切れします。

鏡山の階段ダイエット

昨年はかなりサボったんで
私の肝臓はフォアグラに・・・


今年こそダイエット成功させたい(*´Д`*)






20150113 (2)

20150113 (1)


ホントこの景色には癒されます。

昔は30円だったよね?

子どもたちのおやつにかってあげたチョコ




聖フェニックスGETだぜぇーーー(爆)






ちょっと興奮してしまった(笑)

あの頃から20年程経っただろうか・・・

懐かしくて昔を思い出しました。

いつも1個しか買えずに・・・

友達からはシールが入ってないチョコだけ沢山もらい・・・

そんな小学校の頃・・・





( TДT) うぅ・・・(爆)




どうする?

スーパーゼウスが当たるまでハマってみるか?

いや、ハマカーンか?

やっぱりヘッドロココか?

ハンタウェイの魂を別に・・・

Major CtaftのHUNTAWAYを先日預かりました。

   1294203655206_1_h.png
1294731220152_1.png
1388338381977.png
1号前後のPEラインをストレスなくロングキャストするために生まれた「ハンタウェイ PEコンセプトシリーズ」の登場です。ベーシックモデル譲りの異次元の高感度ブランクは繊細なショートバイトを確実にフッキングに持ち込みます。そしてティップ部にKガイド、バット部にローライダーを配した完全PEライン専用設計。独自のガイドシステムはただひたすらに飛距離の向上と高感度の追求の証です。新世代PE専用モデルの快適性をぜひ体感してください。

ブランクコンセプト
[芯のあるしなやかなブランク]
最後に行き着くのはブランクそのものの性能ーハンタウェイに求めたのは硬さではなく「芯のあるしなやかさ」。軽さ・感度・パワー・トルク・反発力などを実現しながらも、うっとりするほどのしなやかさはまさに異次元の感覚です。高弾性カーボン素材のキャラクターをここまで表現しきった異次元ブランクだからこそ「ハンタウェイの魂」と呼べるのです。

ガイドコンセプト
[オールチタンフレームSiCガイド]
超軽量・超高感度をはじめパワーやしなやかさなどすべてのロッド性能を極めたハンタウェイ・ブランクのポテンシャルを限りなく100%近くまで引き出すために最高のガイド素材と細心のセッティングを施しました。オールチタンフレームSiCガイドを採用。またMタイプのみバットガイドにはローライダータイプを採用し、PEラインのトラブルを軽減しています。

グリップコンセプト
[AAAグレードコルクグリップ]
最高峰AAAグレードのコルクグリップを惜しげもなく贅沢に採用。コルクはナチュラル素材ながらEVA素材よりも優れた感度伝達能力で、水中の情報をスポイルすることなく精彩に伝えてくれる唯一無二の素材です。また、その重量も非常に軽くハンタウェイの軽量化にも欠かせない重要な役割を果たしています。異次元ブランクを掴み込むにふさわしいグリップです。

(ここまでメジャクラのHPより)


で、預かったのは8.6フィートの2ピース
非常に軽くて張りがあって素晴らしいロッドですけど
穂先から30センチ程ありません(笑)
なのでこの折れたところからソリッドティップをつなごうと思ってます。
ちょっとロングソリッドティップになりますが
穂先は0.8mm以下までシェイプして
グリップ周辺も一度解体
そして レングスも8.6フィートから7フィート以下にしようと思ってます。

本人の了解得ればですけど・・・(笑)
変則2ピースになりますがどうなるか楽しみです(^_^;)


よく『メジャークラフトのロッドは弱い・折れる』など書かれてますが
これは間違いだと思ってます。
使っている方が多いので折れたって話も多いだけで
別にダイワやシマノでも折れる時は同じように折れます。
私もメジャクラのアジングロッドを持っていますが折れません。

ウルトラライトじゃねーな・・・

今アジング使用しているロッド
MC LGS601UL-S TORZITE MODEL
(旧名:MC 601UL-S Light Game model)
grip (4)
マグナムクラフト
ライトゲームスペシャル
6.0フィート
1ピース
ウルトラライト
ソリッドティップ
トルザイトリングモデル

なんだけどまだまだこの取説ができない。
もっともっと使い込まないとなんとも言えない
使っていくうちに自分の手の延長になるはず

今、言えるのはこいつ「ウルトラライトじゃねーな・・・」って事(爆)
もともと5917のブランクを使用しているからなんだけど
私はもっと弱くていいと思ってる
なんで上のロッドもウルトラライトからライトに変更するかも

みなさんはロッドの強さ(硬さ)に好みはありますか?

私はお魚とのやり取りに重点を置きたいので
ロッドに求める性能は“曲がるロッド”かな?
強さで言うと・・・
・・・
ん~なんて言うか、表現が矛盾してて難しい(笑)
アジングロッドに求めるのは
・ロッドにパワーは欲しいけどよく曲がって欲しい
・曲がって欲しいけどペナンペナンは勘弁
・キャストは『シュッ!!』っとして『ピタッ!!』
・ジグの動きやアタリなど手元に大きく伝えて欲しい
・1ピース
・先重り感ゼロ

かな(爆)


皆さんの釣りの楽しみはそれぞれ違うはず
・アタリを感じて掛ける楽しみ又は乗せる楽しみ
・人より沢山釣る事やデカいヤツを釣る楽しみ
・食わないお魚をアレコレやって釣る楽しみ
・ただ単純に釣りをする楽しみ
・友達とワイワイガヤガヤする楽しみ
・etc

私は・・・どうだろ
掛ける楽しみも味わいたいし自然に乗せるのも好き
ただ、釣れなくても自然の中に行って竿を出すだけでも楽しいし
仮説を立てて実際にやってみて検証するのも好き
その結果釣れなくても(笑)

でも、今年はもっと腕を磨きたいので
もうちょっと真剣にお魚や烏賊を探すようにしようと思ってます。

そんな楽しみ方のツールとして自分好みのロッドを
今年も1本は作成したい
どんなロッドを目指すかはまた次回にでも(^^;)

厳しい初釣り2015呼子アジング

2015釣行≪祝≫第1回目
[アジング]
平成27年1月6日(火)
【大潮】 満潮22:18(1.90) → 干潮4:40(0.02)  ※唐津
start/22:00 end/1:30



2015初釣り
呼子方面の漁港へ向かってマサさんと一緒にアジング

時折強く吹き荒れる風
頭上には明るく水面を照らす満月
背後には「ニャー」と催促する猫
隣には豆アジを掛けるマサさん
そして豆アジを必死に探す俺




・・・(笑)



やっぱり明るすぎる満月では
通常の“常夜灯攻め”は効かない
豆アジも散っていていつもの1投1尾じゃない
厳しい修行だった。


背後の猫からは
「ニャーニャー」とせがまれるけど
俺には「早くデカいアジを釣りやがれ!ヘタクソ!」
って聞こえてくる。

片手ぐらい豆アジ釣っただろうか?
豆過ぎて写真撮る気も失せたので
とりあえずマサさんの写真でも(笑)
20150106 (1)



0時を回ったころには二人は移動
マサさんはランガン、私は名護屋
名護屋では燻さんがアラカブング中
燻さんとお話しして私はアジング
横からの強い風でラインがあおられるんだけど
バイトは多数
やはり水面がざわついている方が良い?けど超苦手
ジグヘッドも2.0gまで上げて正面にキャスト
糸ふけとってすぐに横5m程移動
こんな感じで豆とMAX20くらいの細い奴で即終了
20150106 (2)




こんな感じのキープゼロでの2015初釣りでした・・・。


マサさんまたアジング修行いきましょ(笑)
燻しさん次回はアラカブマンションへ(笑)




【タックル】
ロッド:MC LGS601UL-S TORZITE MODEL
リール:SHIMANO BIOMASTER C2000HGS
ライン:YGKよつあみ CHERUM AMBERCORD SG【S-PETポリエステル】0.3号
リーダー:DAIWA D-Fron α 1号
ジグヘッド:DAIWA SWライトジグヘッドSS 1.0g・1.5g
ワーム:34 Octpus 1.8in あからめ・他

ライン巻き巻き

アジングのライン
自作6フィートワンピースでジグ単にて使用しているのは
YGKよつあみ
チェルム アンバーコードSG
S-PETポリエステル 150m
の1.8LB(0.3号)
昨年の秋から使ってるけどトラブル無し
強さもあるし感度もばっちり


でもちょっと遠めのポイントでアジを狙うには
やっぱりPEかな?ってことで
昔買ってほとんど使用してないラインをまき直し
ダイワ月下美人の月ノ響0.2号
高かった( ̄。 ̄;)
これでキャロシステム組んでジグでは狙えない
あんな場所やこんな場所でムフフ( ´艸`)
となればいいけどね~(笑)
とりあえず使ってないリールのレブロスMX2004に巻いてみた。



あと久しぶりにライン箱みたら
半端なラインが沢山(^^;)
特にフロロになると何ポンドが何メートル残ってるか
ぜんぜんわからん
PEも色々残ってるし・・・
今年は節約を目標に頑張ります。




今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます(^^)/



今年の目標ははっきり決まってませんけど

とりあえず烏賊でもアジでも大きいサイズを数多く釣ること


ですかね~




今年もよろしくお願い致します<(_ _)>

2015年元旦

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター