東日本大震災から1年

東日本大震災から1年

去年の3月11日は私は会社の事務所で仕事をしていた。

>14時46分18秒(日本時間)
>宮城県牡鹿半島の東南東沖130kmの海底を震源として発生

私が地震が起きたことを知ったのは17時過ぎ
出先から帰ってきた同僚から聞いたのが初めてだった。

会社にはTVもラジオもないし
携帯のワンセグも電波の状況が悪く見れない


最初は「へぇー大きな地震ですか?」程度だったけど
ネットで情報を集めるとただ事ではない状況だと気付いた

18時過ぎにはニュースの動画が“YouTube”に投稿され
その動画で初めて津波の被害を知った。

始めてみた津波の動画は
港の工場の駐車場で数十台の車が波にさらわれいく様子

まるで車のおもちゃが川に流されるような感じ

「これがホンモノ?」

「人は?ちゃんと逃げとっと?」

と言いながら“YouTube”を見ていた記憶がある。

それから自宅に帰り

妻と深夜までテレビを見て

次々と集まってくる情報「画像・動画」に息をのんだ。


>警察庁発表2012年3月8日現在
>死者は15,854人
>重軽傷者は26,992人
>警察に届出があった行方不明者は3,203人(ただし未確認情報を含む)
>日本国内で起きた自然災害で死者・行方不明者の合計が1万人を超えたのは戦後初めて


とにかく信じられない様子ばかり

家族と離ればなれになり

連絡もつかない

安否もわからない

どこに行っていいのかわからない

そんな状況を見て

胸が苦しく、悲しくなった。



特に津波が迫ってくる恐怖

未だに信じられない自然の力だ。


>死者の内訳

>警察庁発表(4月11日まで)
>岩手県・宮城県・福島県で検視された13,135人の詳細
>検視を終えた遺体は男性5,971人、女性7,036人

> 死因
> 水死: 92.5%(12,143人)
> 圧死・損傷死: 4.4%(578人)
> 火災による焼死 : 1.1%(148人)
> 死因不明 : 2%(266人)

>年齢 80歳以上: 22.1%(2,454人)
>  70 - 79歳: 24%(2,663人)
>  60 - 69歳: 19.1%(2,124人)
>  9歳以下や10歳代、20歳代はいずれも4%以下
>  30歳代 - 50歳代は不明


約9割が水死という事実

地震ではなく津波の被害がすさまじい




そして津波がもたらした原子力発電所の電源喪失

けして福島だけの問題ではない

唐津市の隣にも玄海原子力発電所がある

実際、私が住んでいる所も

直線距離で20kmも離れていない




明日、震災から1年を迎えるにあたって

もし唐津市で東日本大震災と同様な震災が発生すれば

私はどのような行動をとるか

時間があるときにシュミレーションしてみよう
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター