十番曳山「上杉謙信の兜」

無事に息子にとっての“初くんち”終わりました。


私の予想では、初日を終えた段階で足が痛くなり
2日目(御旅所)・3日目(町廻り)は無理?と思いましたが
なんとかすべて曳く事が出来ました。






曳山は全部で14台ありますが
8台だけ写真撮りましたので掲載します。

五番曳山「鯛」
20121105 (1)
魚屋町:弘化2年(1845)






七番曳山「飛龍」
20121105 (3)
新町:弘化3年(1846)






八番曳山「金獅子」
20121105 (2)
本町:弘化4年(1847)






十番曳山「上杉謙信の兜」
20121105 (4)
平野町:明治2年(1869)






十一番曳山「酒呑童子と源頼光の兜」
20121105 (10)
米屋町:明治2年(1869)






十二番曳山「珠取獅子」
20121105 (5)
京町:明治8年(1875)






十三番曳山「鯱」
20121105 (6)
水主町:明治9年(1876)






十四番曳山「七宝丸」
20121105 (7)
江川町:明治9年(1876)












町の皆さんや保護者役のユッケには大変お世話になりました。
20121105 (9)
左:ユッケ/右:息子






また来年まで
20121105 (8)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

いや~、幼い頃に曳山が引けるなんて、本当に良い思い出ですね~
すばらしい!

こんばんは(笑)
いつも読み逃げしてます銀ちゃんです(爆)

曳山があるのは羨ましいですね(笑)

一度でいいから曳いてみたいですね(^O^)

Re: オクさん

こんばんは(^^)/

去年まではたまにしか唐津くんちには
行かなかったんですが
さすがに息子が曳くようになったら
必死に追いかけるようになりました(笑)

お金かかりますが来年も頑張ってほしいです!(^^)!

Re: 銀さん

こんばんは(^^)/

私は田舎育ちなんで曳いた事ないんですよ~
釣りも同じなんですが人ごみ苦手です!!
行っても飲むばかりです!(^^)!

一度飲み過ぎて失敗もしましたが・・・(笑)

小さい時からこういうのに参加できるってイイですね~

まだ一度も唐津くんち逝ったことないんですけど、

いつか見に行きたいです。

おはようございます。

妻と付き合っていた頃に、ちょい唐津デートで曳山を全部見ましたが、どれも迫力があって凄かったのを覚えています。(今では妻も負けず劣らずの迫力ですが・・・)

小さい頃から参加できる風習はいいですよね。大人に交じって取り組むことで、成長するところも多いんでしょうね。酒の飲み方以外は!!

Re:genaさん

おはようございます(^^)/

“唐津くんち”第1日目の11月2日の宵山は
暗い中に提灯で明るくなった曳山はキレイです!!

博多の山笠は男衆の迫力で凄味がありますが
"唐津くんち”は14台の曳山に魅力がありますよ!(^^)!

Re: ツキ太郎さん

おはようございます(^^)/

奥様とデートかぁ~いいですね!!!
その頃は超ラブラブだったんでしょうね!(^^)!

もちろん今も(笑)


最初は見知らぬ人達の中に入っていく事に
ドキドキしてたみたいですが
終わりの方では友達も出来ていたいみたいです!!
お酒はちょっと早すぎますね(笑)

こんばんは~♪

祭りはイイですよね~!!
九州男児の血が騒ぎます(笑)(///∇//)

って、人ごみが苦手なんですね…(^-^;

だから写真も端っこに写ってたのでしょうか…(爆)(;´∀`)

Re: D_Gさん

おはようございます(^^)/

息子はコレからお祭り男“唐津くんちバカ”になるでしょうね(笑)
私は釣りにでも行きたいけど・・・

端っこ好きですよ~!(^^)!
34アジング佐賀呼子大会の集合写真に
端っこで写れたので満足です(笑)

大分大会でも写ってたらビックリですね(爆)

こんばんは。

盛大なお祭りですね。
やっぱり最初の“鯛”に目が行くのは釣り師の性でしょうか(^^;
でもやはり上杉謙信の兜はカッコイイですね♪
男らしい武将の雰囲気があります。

Re: te2さん

おはようございます(^^)/

五番曳山「鯛」は子供たちには大人気の曳山ですよ!!
私は動きが大きい七番曳山「飛龍」がいいかな~
来年息子がまた参加するので楽しみです!(^^)!


※今朝、早起きして出撃しましたがダメでした・・・
“早起きしたら釣れる”って事でもないみたいですよ~(笑)
ゆっくり寝てた方がよかったかも
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター