wataが少年だった時の記憶

以前の記事


私が少年だった頃に川で釣っていた

①あぶらめ
②はえ

というお魚はなんだったのだろう・・・と

ずーと疑問に思っていたけど


先日、家族で武雄宇宙科学館に遊びに行った時に





まさかの発見!!




20130303 (1)

川魚が沢山泳いでいた中に居たよ!!!



まずは“あぶらめ”
20130303 (2)
正式名:タカハヤ(コイ科)
冷たい水が好きで、より上流側に分布します。
うろこが小さくて、さわるとヌメヌメします。






たしかにヌメヌメしてた(笑)

私にとってこいつは外道扱いだったな~

でもちゃんと地方名に「あぶらめ」って書いてあった!!!






それと“ハエ”
20130303 (3)
正式名:オイカワ(コイ科)
県内で「ハヤ」と呼ばれることが多い魚です。
オスは繁殖期に派手な極彩色の婚姻色になります。


同じ佐賀県でも私の地区では「ハヤ」じゃなく

「ハエ」でしたよ・・・(^_^;)



コイツはサイズ的に上の“あぶらめ”より大きいので

子供の川釣りでは本命だった。



たしかに思い出すと普通の色の「ハエ」と

派手な色の「アカバエ」って呼んでいたヤツいたね~




















懐かし過ぎる(泣)





少年期はこのお魚たちを

竹で作った竿に糸と針と小さながん玉つけて

エサはミミズを小さくちぎってから

釣りしてました!(^^)!




今、ミミズを触ってちぎって!!ってするのは無理かも(笑)



中学生になると狙いは「アユ」や「山女魚」になり

そして毎年開催されていた

ニジマス釣り大会が楽しみ




そんな少年期を過ごしてきたwataでした。



おわり
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

お~懐かしいですな(笑)

自分はハエのことをハヤ

派手な色のやつはヤマトバヤってよんでましたよ。

少年期にすぐそばが川だったんで同じく竹竿にガン玉はなしで川虫つけてやってました。

その川も護岸工事されて魚は見なくなりましたが‥‥

懐かしいね~ 私は都会に住んでたので

ハヤでした(笑)

そろそろ始動しようかと思ってるんですが

釣り方覚えてるかな~(爆)

Re:銀さん

お疲れ様です(^^)/

大人になってこのお魚を釣りに行くことも
なくなったので
まだ生息しているかは不明ですが

たぶん沢山いると思います(笑)


時間が沢山あれば釣りに行くのですが・・・

Re: 18パパさん

お疲れ様です(^^)/

同じ佐賀県でも違うんですね~
富士町あたりではまだたくさん釣れると思います!!

毎年、春アオリ狙いますが
私はまったくダメでしたので
今年は頑張りたいですね~

昼がいいですかね?
それとも夜がいいですかね?

拓志丸のボートに一緒に乗りに行きますか?(笑)

私のホームでは ハヤ♪です。
で、ハヤとシラハヤは違いました

シラハヤは極端に個体数が少なかったです。

アブラメは 渓流では 超~外道です
高級な ぶどう虫 をしれーっと中りも出さずに食べる迷惑な餌とりです。
触るとヌメヌメしてくっさいし… (笑)

懐かしいですよねー♪

Re: 黒みらさん

おはようございます(^^)/

なるほど~!!
その珍しいお魚釣るのが楽しかったですよね~!(^^)!

私は“あぶらめ”専門でしたが(笑)
小さいウキが「ポコッ・・ポコ!?」って動くのが
楽しくて遊んでました!!

暇なときは子供釣れて行ってきます!(^^)!

こんにちは。

私の地元も“ハヤ”です。
昔はそこら辺の川で色々釣って食べることも出来てました。フナを釣ったらばあちゃんが味噌炊きに、コイを釣ったら刺身にして食べてました。ウナギはもちろん蒲焼です♪

今じゃそこら辺の川魚は絶対無理ですね(涙)

おはようございます~

私も幼少の頃はよく川に釣りに行きました~

特に、色の付いたハヤが釣れたら嬉しくて…(笑)

ちなみに、いつでも釣りに行けるように、プランターにミミズ飼ってました(笑)

Re:te2さん

おはようございます(^^)/

なかなか川魚って食べるのキライな方が多いですが
私はアユやヤマメの塩焼きは大好物です!(^^)!

昔、“がねてぼ”って言うカニを捕まえるアミに
時々ウナギが入っていて
それを親父が捌く姿におびえた事を思い出します(笑)

キリを頭に刺して・・・
それでもクネクネ動くウナギ・・・(爆)

食べたら最高に美味しかったですが!(^^)!

Re: ハヤピーさん

おはようございます(^^)/

私も色の付いたハヤは嬉しかったですね~

今はあの小さいウキがポコポコ動くのが
とても懐かしいです(笑)

ミミズ飼ってたんですか?!
流石ですね(笑)

私は家の前が畑だったんで
どこ掘ってもミミズいましたよ(爆)

シマミミズが良かったですね~!(^^)!
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター