100点の製品は無い(某ブログより)

去年の記事でクーラーボックスとロッドホルダーの失敗例 って書いてますけど
DAIWAのCPキーパーなんだけどスタイリッシュで取り外しが簡単にできるんで
気に入ってます・・・

けど底がないので手作りで作ってました。
20130326 (5)
新しいホルダーだったんで穴を開けるのが勿体なくてホットグルーで取り付け

コレが先日ゴロタ場で転んだ時にとれてしまったんで
今度は穴を開けてロッドが下につかないように加工しました。



コレがDAIWAのCPキーパー
20140630 (2)
底がないのでエンドグリップからリールフッドまでが長いと
ロッドエンドが地面に着いてしまいます。



これをふさぐ為に穴開けて針金を挿入
20140630 (1)
針金はもちろんステンレス(すぐに錆びるからね~)



んで出ている針金をカット
20140630 (3)



仕上がり
20140630 (4)


コレで十分な強度あるのであとは穴の上をなんかのついでで
エポシキコートで穴を閉じればなんとかなるかな(笑)





アジングロッドのソリッドティップ
10492007_253898674803847_8276833198759901559_n.jpg

なかなか硬さが決まらない
自分のスタイル・目的・楽しみ方でロッドの仕様は決まる
そしてロッドに求める性能は人それぞれ
硬すぎるとジグを感じる操作感が鈍くなる
でも柔らかすぎると感度が落ちる
両方を満たすチタン
楽しむためのロッドはどんなロッドなんだろ
・曲がらないロッド?
・良く曲がるロッド?
・硬いロッド?
・柔らかいロッド?
・長いロッド?
・短いロッド?
・重たいロッド?
・軽いロッド?



趣味の範囲内で自己満足の世界



〇〇〇氏のブログより
本来手道具というものに万人共通の形(100点の製品)は無い。
オーナーの手の大きさや好みや使用法によって
それぞれの形が出て当然のものである。
王貞治のバットがイチローには合わないのと同じ理屈である。



まさにその通りだと思う。
アジを釣るスタイル・目的・楽しみ方は人それぞれで
道具がさらに楽しみを倍増させてくれる。
でも100点はない。



自分で組み合わせてロッドを組めば?
道具から選んで自分好みにカスタムしていく
コレも釣りの楽しみの一つであって
90点以上の製品もしくは120点の製品ができる可能性はある。
失敗は沢山あるかもしれないけど自己満足度は数十倍だろう。


ただし、自己採点だけどね(笑)







・・・










着地点が見当たりません(爆)



おわり<(_ _)>
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

おっ!!

相変わらず頑張ってますね~(笑)

今度は鯛ラバ挑戦しませんか?(爆)

Re: 銀さん

おはようございます(^^)/

タイラバですね・・・
いくらくらいマネーは必要でしょうか?(笑)
今、wata工房は資金難で倒産寸前ですので今すぐは無理っす(^_^;)

とりあえず鯛や青物はショアから狙う予定で進んでます(爆)
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター