スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日の続きのロッド仕様

自作2号機エギングロッドの紹介
ブランク:マグナムクラフトLGL5920使用
ティップ:マグナムクラフトB品ティップの加工品
     テイップ径 0.6mm バット径3,7mm長さ57,5センチを加工
ハンドル:メッシュカーボン、内径10mm,外径11,6mm,長さ50センチを加工 
リールシート:VSS17+EVA
ガイド:チタントルザイトリング


品名        MC 701ML-S TORZITE MODEL
標準全長     212cm
継数        1本(ワンピース)
仕舞        212cm
標準自重     110g
先径        0.8 mm
元径        ブランク部8.8mmハンドル部11.6mm

何度かショアから使用してますがまぁまぁーな完成度

しかし

エギングロッドとして
軽すぎる?
というかバランスが良すぎてシャクる時にぎこちない
これって通常の2ピースロッドは先重りしてて
この先重りの重さを利用して勢いでブンッ!っとシャクル事が多い
でも先の重さが無いのでしゃくるときにスカスカ感が出る
これは今後しゃくり方を変えて行けばクリアー出来る問題かな?

エギングロッドとして
短い?
7フィートのワンピースロッド
飛距離に関しては通常の8フィート以上のロッドとそんな変わらないけど
やはりシャクッたりするときはなんか短さを感じる
でもこのロッドは船エギングを目的として作成しているから
7フィートでも全然OKかな?とも思っちゃう。

もうちょっと長いロッドが欲しくなるけど作っちゃう?

あと失敗した部品
その1
ジャストエース:アルミエンドキャップ
コレはロッドを立てかけた時にエンドがプラ系なんで滑る
その2
VSS17:グリップ一体型のスピニング用リールシート
17サイズはちょっと太かった

他はやっぱソリッドティップのつなぎ目
今回も1号機とは違うスレッドの巻かたしたけどイマイチ
3号機はまた違う方法を思案中

3号機はチタンティップか?
4号機は2ピースか?
それとも1ピースベイトか?

悩む

負荷50g
sm701(50).jpg

負荷100g
sm701(100).jpg

負荷200g
sm701(200).jpg

負荷300g
sm701(300).jpg

負荷500g
sm701(500).jpg

全部の比較(見にくいけど)
sm701all.jpg
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。