ジャストエースのアルミエンドキャップ

ジャストエースのアルミエンドキャップ

底が硬質プラでロッドを立て掛けるときに
滑って使い物にならなかった。

どうしようか悩んでたら硬質プラの部分が取れた

この部分がゴムになれば再利用できるなぁ~っと
なんか替わりの品ないか探したら

コレ

ゴムパッキン


それを加工して

左:ジャストエースの滑るキャップ
中:ゴムパッキン
右:加工したゴムパッキン


それをハメてみると

バッチリ(笑)


錆びたハサミでチョキチョキしたから
デコボコだけどね~
気にしない

完成予定は



そしてネーム入れて

あとは接着してコーディングすれば完成かな
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

おつかれさまです。
あいかわらず楽しそうなことしてますね!!
ベイトのバスロッドのグリップをセパレートに交換してライトジギングやタイラバに使えるようにしたいんですが、難易度高いですか・・・?

Re: 小豆島さん

お疲れ様でーす!

グリップ交換だけなら難易度は低い方だと思いますよ(^_^;)
グリップの解体だけ手間がかかる程度で
あとは接着剤で新なグリップをくっつければ完成です!

作業自体は簡単なんですけどね~
ただ、それにともなう道具や接着剤などを揃えるのが
面倒だと感じました(笑)
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター