よう釣れたアジの詳細

2015釣行第27回目
[アジング]
平成27年8月27日(木)
【中潮】 満潮:20:23(2.01) →  干潮:1:57(0.79) ※唐津
start/22:30 end/2:00

前回の釣行です。
いつもの時間よりゆっくりと出発
1カ所目先行者がおられましたのでちょっと近くの常夜灯周辺から
常に居ないけど数投に1回バイトあったりなかったり
潮がドンドン流れてますので
真っ暗な潮上にジグを投げてフリーで沈めながら
狙ったレンジで常夜灯の明りが届く場所に送り込みます。
そんな感じで難しいアプローチしながらなんとかココでは3尾get
20150829 (3)
1時間かけて3尾なんでかなり数を稼ぐには厳しい状況です。
wata家には育ち盛りの子供と私がいますので最低15尾は・・・(笑)
それから苦戦している最中、お目当ての場所が空いたんで
すぐさま移動
その常夜灯の前には先ほどあまり確認できなかったベイトが沢山
1投目、ここも潮が大きく動いてますので潮上に投げて・・・ってやってたら
ジグが着水後、数秒後にはアタリ発生
早々に1尾確保
20150829 (4)
それからもベイトの真ん中に投げても
ベイトのいる位置から潮上5m程の位置に投げても
色んなワームで投げても釣れます。
1グラムや1.5グラムのJHでも
着水してから数秒後にはアタリ
このアタリを無視してそのまま落としていたら
JHまで飲み込んでラインを持っていかれます。
20150829 (2)
コレはコレで、JHを外すのが面倒なんで
数あるアタリにコレだ!ってアタリに合わせて
しっかりとJHを外しやすい位置に針をかけようとするって事に夢中でした。
なんたって釣りしている時間より
釣れたアジから針を外してエラ切って血を出して
アジがバケツにたまったらクーラーへ入れる作業の時間の方が長かった。
サイズもなかなか良かったんで目測22以上をキープ

沢山釣れるんで楽しかったんですけど
途中飽きてきてカニ獲ったり、PEタックルでジグ投げたり
2時にはこれ以上釣ったら捌くのが嫌になるっと感じ納竿
キープしたのは26尾でした。
20150829 (1)
ジグで投げてもデカいのが釣れるわけでもなく
ワームの方が良く釣れた。
20150829 (6)
アジを並べて写真を撮ろうとしたけど止めました。



そして捌いたけど超大変
20150828032848978.jpg

このアジ達はアジフライではなく開いて干す方向へ進みました(笑)
それはまた明日・・・
今から仕事行ってきます(爆)
(7:55)


【タックル】
ロッド:MC LGS601UL-S TORZITE MODEL
リール:DAIWA BIOMASTER C2000HGS
ライン:YGK CHERUM AMBERCORD SG 0.3号
リーダー:DAIWA D-Fron α 1号
ジグヘッド:DAIWA SWライトジグヘッドSS 1.0g,1.5g
ワーム:34 Octpus 1.8in こうはく,他
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター