グリップの解体(熱湯にて)

 パタパタ®Q ブログモニターに参加してます。
エギング情報サイト“烏賊速報”logo.png




以前リメイクしたロッド

月下美人mx 6フィートチタンティップ
20150610 (5)
作成した記事はコチラ

何度かアジングに使用しましたが

コレはかなりの


駄作( ̄Д ̄;;




となりました(笑)


ただ、“失敗は成功への道”となりうるような・・・

ただ安易に『チタンティップにすれば感度が上がる』って考えは

止めた方がいいです(^_^;)

≪アジングでのチタンティップの優位性≫

コレを考えるときりがないけど

ただ単純に感度だけを求めればチタンティップも

いいかもしれませんが

ロッドはティップだけではなくベリーやバッド、グリップからなる1本の棒

ティップがチタンでもブランク側が太い・重い・ダルい・長いとかなると

わざわざチタンにする必要性が無い・・・


それと感度の種類

①反響感度

②操作性感度

③状況感度

などありますけど、チタンティップだから反響感度がいい訳でもない。

チューブラの方が・・・

それとラインとの関係が重要で

そのあたり整理できないのでまた今度

ティップとライン、そしてブランクがそれぞれの良さが必要で

また今度



話がそれましたが月下美人mxのリメイクしたロッド

なぜコレが駄作なのか

1.振り抜き感が悪い
2.重い
3.グリップ周辺がカッコ悪い
4.気に入らない
など

チタンティップなので反響感度だけは良かったかな

小さい小魚がつついてくるのがよくわかる程度

でも、受ける側のブランクに問題があるのか?

なのでコイツはグリップ周辺をやり直して

カワハギ専用のロッドへ(爆)

とりあえずリールシート位置を大きく変える為に

グリップ周辺の解体

大きな鍋でグツグツと煮込んだら取れました(^_^;)
20151026 (1)

20151026 (4)

20151026 (2)

カーボンアーバーは取れなかったんであとで削ります。

20151026 (5)

このアタリは再利用できますんで(^_^;)


20151026 (3)
IPS用のEVAは高温で変形(笑)


カワハギ用なんでもっと大きくて握りやすいEVAに変更

チタンティップなんでカワハギといい勝負が出来そうな予感

船のキス釣りでも使えるかな~

とりあえず、リールシートからエンドまで長くして

色々使えるロッドにして押入れ行きじゃーーーー

おわり
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

wata

Author:wata
管理人の「wata」です。
唐津市を中心に活動してます。

【多芸は無芸】
“多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。”

カスタムパーツ専門店

お気に入り記事(ver2)

スポンサーリンク

ブログ村ランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター